Slide 1 Slide 2 Slide 3 Slide 4 Slide 5 Slide 0
Time as a Number of Motion If, as Aristotle suggeests, we do not realize the existence of time when nothing seems to change, and we say time has elapsed when we perceive motion and change, evidently time is not independent of movement and change. 分子時計の鼓動が聴こえる … 24時間周期のリズムを奏でる不思議なタンパク質分子。耳を澄ませば、「太古の地球のリズム」が聴こえてくるかもしれません。
Dear Prospective Students We are recruiting graduate students in SOKENDAI. Prospective students are welcome to make contact with the group leader. Graduate School Education   Studying in IMS
Financial Supports 大学院生募集 総合研究大学院大学(総研大)の大学院生を募集しています。生物物理学、構造生物学、蛋白質科学、時間生物学などに興味をお持ちの方、問い合わせを歓迎します。RAや特別奨学生制度による経済的支援も行っています。 大学院教育について    専攻の概要
経済的支援          学生の受け入れ
Who we are Akiyama Group @ Institute for Molecular Science is made up of motivated researchers and students having diverse scientific-careers, undertaking research projects aimed at elucidating the spatio-temporal dynamics of key bio-macromolecules. We are interested especially in clock proteins that precisely measure a very long time in living cells, occasionally up to 24 h (circadian), by an as yet unknown mechanism. Through the studies of the circadian clock proteins, our group will cultivate researchers capable of promoting a wide range of research in biophysics, chronobiology and structural biology. 多様な経歴を持った研究者や学生が集う秋山グループ@分子科学研究所では、生理学的に重要な生体高分子の機能、構造そして時空間ダイナミクスについて研究しています。なかでも、細胞の中で時を刻むタンパク質分子(時計タンパク質)を精力的に研究しており、その活動を通して生物物理学、時間生物学、構造生物学などをまたぐ広範な研究フィールドで活躍できる人材の輩出に取り組んでいます。 How can we help you? We would be happy if our know-how and scientific achievements could help you to solve your problems. Feel free to consult about small-angle x-ray scattering of protein molecules in solution, dynamic light scattering, time-resolved measurements and software development. 当グループの成果やノウハウが課題解決に役立つかもしれません。タンパク質溶液のX線小角散乱実験、動的光散乱、装置開発、ソフトウェア開発などご相談ください。
Circadian Clock Proteins Biological clocks with the period of about 24 h (circadian) are endogenous time-keeping systems encapsulated in living cells, enabling organisms to adapt to daily fluctuation of exogenous environments on the Earth. These time-keeping systems are found ubiquitously from prokaryotes to eukaryotes, and cyanobacterium is one of the simplest organisms known to possess the circadian clock. Our mission is to explore the frontier in molecular science of the cyanobacterial clock made of three Kai proteins (KaiA, KaiB and KaiC), and to elucidate its molecular origin of 24 h period. Read More ... しばしばメディアに登場する「生物(体内)時計」という言葉、それを改めて意識するのはどのようなときでしょうか。渡航や帰国後に頻発する眠気、だるさ、夜間の覚醒など、これらは私たちが生物時計の奏でる24時間周期のリズムの影響下で生活していることの証です。驚くべきことに、生物は非常に巧みな方法で、24時間という地球の自転周期をタンパク質分子の内に取り込んでいます。なかでもシアノバクテリアと呼ばれる生物は、たった3種の時計タンパク質(KaiA、KaiB、KaiC)だけで正確に24周期のリズムを刻み、実際にそれを試験管の中で再現することができます。私たちの研究グループでは、Kaiタンパク質時計という格好の研究対象を用い、24時間周期の根源を分子科学的に解明するという壮大な研究テーマに挑戦しています。 詳細はこちら
Career Opportunities Postdoctoral positions funded by domestic grants are available to work on structural and functional studies on cyanobacterial clock proteins. Details ... 採用情報 秋山グループでは博士研究員を募集しています。時計タンパク質の研究に興味をお持ちの方、もしくは生化学、生物物理学、構造生物学いずれかの分野のバックグラウンドを有している方、お気軽に問い合わせください。※実績・希望等により特任助教としての採用も検討します。 博士研究員 技術支援員
About
Correspondent
Shuji Akiyama
秋山 修志
Affiliation
Akiyama Group
Division of Trans-Hierarchical Molecular Systems, Research Center of Integrative Molecular Systems (CIMoS), Institute for Molecular Science (IMS)
分子科学研究所
協奏分子システム研究センター
階層分子システム解析研究部門
秋山グループ
Address
38 Nishigo-Naka, Myodaiji, Okazaki 444-8585, Japan.
〒444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
Foundation
April 1, 2012
Members
7