Solution Scattering as Research Tools of Molecular Systems

分子システム研究における溶液散乱


Overview / 開催にあたって

参加登録を締め切りました。

X線や中性子による溶液散乱は、サブナノ~ミクロンに及ぶ広域な構造情報が取得できる計測手法であり、生体高分子やソフトマターといった階層性を帯びた分子システム研究に必須の解析ツールです。タンパク質に代表される生体高分子については、実験手法だけでなく解析手順についても整備が進み、ここ数年で論文投稿時におけるガイドライン制定やデータベース登録など、国際標準化の波が急速に押し寄せつつあります。国際的認知度や研究力を強化するためにも、分子システム研究の底上げを通じてコミュニティとしての体制を強化することが求められています。本研究会では若手を中心に国内の主要な研究者を集め、分子システム研究課題の発掘、サポート体制、溶液散乱実験技術の将来構想などについて議論します。

Topics / トピックス

November 20, 2014 Pre-registration closed. We are happy to have the pre-registrations from more than 40 participants.
参加登録を締め切りました。40名強の有志より参加登録を頂きました。
October 24, 2014 Pre-registration by motivated participants amounted to roughly 30.
現時点で約30名の有志より参加登録を頂いています。
October 06, 2014 Registration Opened (Deadline Nov. 20, 2014).
参加登録の受付を開始しました(2014年11月20日締切)。
October 01, 2014 Webpage launched.
ホームページを開設しました。